■テストステロンの分泌にトンカットアリ

人間は妊娠しにくい生き物と言われています。

人間の妊娠する確率は約20%と言われています。しかし女性が年齢が上がるにつれ
その確率は低くなります。

晩婚化の影響でさらに妊娠の確率は低下しているのも事実です。

健康でなんの問題もないカップルでも、1周期あたりの妊娠率がせいぜい20%程度なのは、
なぜなのでしょうか?それは、そもそも、健康な男女であっても、精子や卵子には、
ある程度の割合で染色体異常があるという説が有力です。

タイミングよく精子と卵子が出会ったとしても、どちらかに染色体異常があれば、正常な
受精はできません。また、たとえ受精したとしても、着床しなかったり、流産となって、
出産まではこぎつけないのです。つまり、妊娠するのか、しないのかは、「たまたま」だということ。

しかも不妊の原因の約50%は男性に問題があるそうです。
そこで注目されているのが『トンカットアリ』です。

滋養強壮効果に非常に優れているトンカットアリは、解熱剤や、性病の治療薬として、
現地住民の間でも飲用されてきました。
さらに、テストステロンの分泌量増加に効果的で、このテストステロンが増加することで
男性機能の向上も期待されています。男性機能向上により精子量増加、性欲増加、筋肉量
増加にも関係しているとされています。

こちらthailandclip.orgを参考にしてみてください。